災害アーカイブぎふ

プロフィール

団体名称
災害アーカイブぎふ
団体概要
<メンバー> 小山真紀(岐阜大学)、 柴山明寛(東北大学)、 千葉久美子(伝実行委員)、 平岡守(かわべ防災の会)、 荒川宏(NPO法人ドゥチュウブ)、 伊藤三枝子(清流の国ぎふ女性防災士会)、 平岡祐子、 中村貫志(岐阜大学) 高橋広昭 <連絡先> e-mail : archive.gifu(あっと)gmail.com

災害アーカイブぎふ へ ようこそ!

私たちの活動 災害アーカイブを使う 災害アーカイブをつくる

 

 過去の災害を忘れずに、伝えていくことにより、多くの人に災害への備えをしていただくための活動しています。  過去の災害写真などで若い人に災害当時の様子を伝えて、災害への備えについて考えるワークショップを開催しましょう。  過去の災害を記録した資料をデジタル化し、誰でもが使えるアーカイブ(資料庫)をみんなで作りましょう。

 

      

 

資料を見る                お知らせを見る

 

ごあいさつ

岐阜県では、過去にいくつもの災害が発生しています。
岐阜県の災害といえば、1891年(明治24年)10月28日濃尾地震が有名です。
しかし、この100年以上前の地震について、私たちはどれだけのことを知っているでしょうか?

 

あなたが住んでいる町の50年前の災害を知っていますか?
ある中学校の防災授業で、50年前に発生した災害を生徒に尋ねたところ
手を挙げたのは、クラスでたったひとりでした。

 

そうなんです、災害の記憶や記録は、すぐに忘れ去られ、50年もすると、
人の記憶からは消えたり、語り継がれることなく消えてしまいます。

先人が体験した災害の記録は大変貴重で、後世に伝え、残すことが重要です。
災害アーカイブぎふでは、貴重な災害資料を後世に残し、この災害資料を用いて
防災・減災教育に活かしていただきたいと考えます。

 

災害アーカイブぎふプロジェクト

 

お知らせ

可児市役所で、濃尾震災を紹介するパネル展示を行います

濃尾震災から130年 ~防災を考えるパネル展~ ご存じ ですか?今から130年前、岐阜県で大きな地震が発生したことを。 県内で大きな被害を出したこの地震について、貴重な写真と体験談が残されて います。 もし今、このような地震が発生したらどうすればいいでしょ…
2021/03/28 15:28 投稿者:gifu

資料を見る(ダウンロード)のページを公開しました。

災害アーカイブぎふ で収集した写真などの災害資料を、閲覧・ダウンロードできるようになりました。 トップページの「資料を見る」をクリックすると、資料を見るページが表示されます。 「災害アーカイブを使う」ページからも表示することができます。 あなたの…
2020/12/17 19:43 投稿者:gifu

「濃尾震災から129年~防災を考える講話上映とパネル展~」を、岐阜市内の震災紀念堂で開催しました。

震災紀念堂は、震災でなくなられた方々の供養をする施設であり、そのお堂を借りて濃尾震災の被害写真のパネル展示を行いました。 お堂は畳敷なので、みんな座り込んでじっくりパネルを見ておられ、しばし、当時に想いを馳せておられるようでした。ちょっと変わった雰…
2020/11/29 22:49 投稿者:gifu

ホームページ公開記念「濃尾震災から129年」パネル展を開催します

濃尾震災から129年~防災を考える講話上映とパネル展~ 開催日:令和2年11月28日(土) 13:00~17:00 11月29日(日) 10:00~17:00 場所:震災紀念堂(岐阜市若宮町 2 丁目 10 番地) [講話上映] 地震の発生の仕組みから災害後の生活再建まで、岐阜大学の講師…
2020/11/23 13:22 投稿者:gifu

ホームページ正式公開のお知らせ

災害アーカイブぎふ は、2020年11月28日に、ホームページを正式公開します。
2020/11/20 15:55 投稿者:gifu
RSS2.0

災害アーカイブぎふ 災害名でさがす

 岐阜県では、これまで様々な災害が発生し、多くの人々が被害を受けました。

 ここでは、岐阜県内で発生した代表的な災害を紹介し、eコミマップで当時の写真などを見ることができます。

 

<水害>

 伊勢湾台風

 昭和34年(1959)9月26日の夜に、岐阜県を縦断した台風15号による風水害です。

 被害は三重県や愛知県で大きかったのですが、岐阜県内でも各地で被害があり、104名の死者・行方不明者がありました。

  伊勢湾台風の災害アーカイブマップはこちら

 

 9・12豪雨災害(安八水害)

 昭和51年(1976)9月12日に、台風17号の接近に伴う集中豪雨で、安八郡安八町大森で長良川の右岸堤防が決壊した水害です。

 被害は安八町や墨俣町のほぼ全域が浸水し、水防活動をしていた区長1人が死亡し、3536世帯が床上浸水がありました。

  9・12豪雨災害の災害アーカイブマップはこちら

 

<土砂災害>

 8・17災害(飛騨川バス転落事故)

 昭和43年(1968)8月18日未明に、集中豪雨により、加茂郡白川町地内の国道41号線沿いの斜面で発生した土石流が観光バス2台を押し流し、飛騨川に転落させた土砂災害です。

 被害は、転落したバスの乗客など104名が死亡するとともに、転落現場から下流の加茂郡川辺町など広い範囲で土砂流出などがあり、118名が死亡しました。

  8・17災害の災害アーカイブマップはこちら

 

 47・7豪雨災害(東濃地方の土砂災害)

 昭和47年(1972年)7月9日から降り始めた雨が12日夜半から13日未明にかけて集中的な強雨となり、とくに東濃地方で多くの被害をうけた土砂災害です。

 瑞浪市陶町や隣の明智町では、中小河川の氾濫、山崩れ、崖崩れ等が発生し、27名が死亡しました。

  47・7災害の災害アーカイブマップはこちら

 

<地震>

 濃尾大震災

 明治24年(1891)10月28日午前6時37分に、本巣郡根尾谷を震源とするマグニチュード8.0(世界最大級)の内陸直下型地震が発生し、岐阜県美濃地方から愛知県尾張地方にかけての地域を中心に、猛烈な地震が襲った災害です。

 被害は、建物倒壊・鉄橋崩落・堤防崩壊・山地崩壊などで、全国で7273名が亡くなり、岐阜県では88000戸以上が全壊・半壊・全焼・半焼などの被害を受け、4889名が死亡しました。

  濃尾大震災の災害資料はこちら

  濃尾大震災の展示パネルはこちら

  濃尾大震災の災害アーカイブマップはこちら

災害アーカイブぎふ eコミマップ

地域でさがす 災害アーカイブ

 下のマップの アイコン をクリックすると、その地区のマップが別ウィンドウで表示されます。

 マップの操作方法は → マップの見方